シミくすみの基礎知識

シミの改善に紫外線対策は必須!絶対におこないたい対策

紫外線対策

紫外線はシミの天敵!

夏はもちろんですが、夏以外にも私たちのお肌は日々紫外線にさらされています。そのため、健康的な肌環境を保つためにはオールシーズンで紫外線対策をすることが大切です。

紫外線対策をすることでシミやくすみなど厄介な肌トラブルの予防をすることができ、原因をつぶすことで改善できる可能性が格段に高くなります。

外側からもきちんと美白ケアをしていくことが大切ですが、同時に紫外線対策もおこなって美肌を手に入れましょう!

オールシーズンで紫外線対策が必要な理由

冒頭にも書きましたように、「紫外線=夏」というイメージが強いですが、実はオールシーズンで降りそそいでいます。

まずはこちらのグラフをご覧ください。

紫外線量

参考:国土交通省気象庁

このグラフは気象庁が発表しているUVインデックス(紫外線の強さを指標化したもの)のグラフです。

7月8月がピークになっていますが、それ以外の時期でもしっかりと紫外線を浴びていることがわかりますね。

ちなみに、月ごとに紫外線が「強い」「中程度」「弱い」とわけられているのですが、「弱い」に当てはまるのは1月、11月、12月だけ

  • 1月:弱い
  • 2月:中程度
  • 3月:中程度
  • 4月:中程度
  • 5月:中程度
  • 6月:中程度
  • 7月:強い
  • 8月:強い
  • 9月:中程度
  • 10月:中程度
  • 11月:弱い
  • 12月:弱い

また、このデータは1997年から2008年までの期間の平均を示しているデータですので、近年ではもう少し紫外線量が多くなっていることが予想できます。

夏に大量の紫外線を浴びていることは間違いないですが、それ以外の時期にも紫外線を浴びていることにかわりはないので、オールシーズンできちんと紫外線対策をおこなっていくことが大切です。

絶対におこないたい紫外線対策

絶対におこないたい紫外線対策

  • SPF30ほどの日焼け止めを定期的に塗る
  • UVカットアイテムを使う
  • 9~15時までの外出は特に注意する

SPF30ほどの日焼け止めを定期的に塗る

日焼け止めでの紫外線対策は必須ですね。先ほども書きましたように、オールシーズンで紫外線対策をする必要があるため、「夏だから日焼け止めを塗る」という意識ではなく「外出するから日焼け止めを塗る」と考えることがとても大切

オールシーズンで日焼け止めを塗ることが難しい場合でも、紫外線量が多くなり始める5月から落ち着き始める9月の間は日焼け止めを必須アイテムとして使っていくことをおすすめします。

また、日焼け止めの選び方についてですが、お肌への刺激が少ないSPF30程度の日焼け止めが無難です。もちろんシーンによって使うものを変えることがベストですが、長時間の外出やレジャーなどをおこなわないようであれば、SPF30ほどで問題ないでしょう。

ただし、一度塗った日焼け止めは汗などで落ちていきますので、2.3時間おきに塗る直すことが大切です。

UVカットアイテムを使う

日焼け止めだけでなくUVカットアイテムを使うことも大切です。

サングラスや帽子、日傘などが定番ですね♪ また、最近ではUV加工されたカーディガンなども販売されていますので、何着がもっておくといざというときに便利です。

日焼け止めで紫外線対策をしつつ、UVカットアイテムを活用して紫外線からお肌を守っていきましょう。

9時~15時の外出は特に注意する

こちらのグラフも気象庁のデータをお借りしました。

紫外線量

参考:国土交通省気象庁

早朝と16時以降は紫外線量が少ないですが、9時から15時の間は紫外線量が多めですよね。特にお昼時は注意が必要だということがわかります。

そのため、9時~15時までの外出時には特に入念な紫外線対策をする必要があります。

日焼け止めを塗った上からUV加工されたカーディガンを羽織ったり、帽子とサングラスと日傘を組み合わせたりなどの工夫が必要ですね!

紫外線対策と美白ケアでシミを撃退しよう!

この記事ではシミ改善のために絶対におこないたい紫外線対策をご紹介しました。

紫外線対策をすることでシミの原因になる紫外線をカットすることができますので、面倒ではありますが必ずおこなうようにしましょう。

また、紫外線対策と合わせて美白ケアをしていくことも重要なポイントなので美白ケアも忘れずにおこなっていきましょう!

シミくすみの原因「色素沈着」とは?

シミくすみの原因になる厄介な肌トラブル「色素沈着」。

吹き出物や大人ニキビとは違い、シミやくすみは放置していてもなかなか改善できないのが難点ですよね。ケアをしていかなければ悪化していく一方です。

さらに歳を重ねるごとにターンオーバーが低下することも色素沈着が起きやすい肌環境になる原因のひとつです。

ではそんな厄介な肌トラブルである色素沈着は一体どのようにして起こるのでしょうか?

仕組みを知っておくことで対策や予防も見えてきますので、この記事では色素沈着について詳しくまとめました。

色素沈着とは?

色素沈着とは

冒頭にも書きましたように、色素沈着とはメラニン色素が表皮や真皮などに沈着してしまっている肌環境のことです。

メラニン色素は外部からの刺激や紫外線などから肌細胞を守るために生成される色素なのですが、お肌を黒く変色させる作用もあります。私たちの体に必要なものなんだけれど、シミやくすみなど厄介な肌トラブルを引き起こす原因にもなるのですね。

役目を終えたメラニン色素はお肌の新陳代謝で皮膚外に排出される

健康的なお肌であれば、刺激や紫外線などから肌細胞を守るという役目を果たしたメラニン色素は、お肌の新陳代謝「ターンオーバー」によって皮膚の外に垢となって排出されます。

一般的にターンオーバーが起きるサイクルは28日と言われていますので、おおよそ1ヶ月ほどで生成されたメラニン色素が自然と排出されていくのですね。その結果、色素沈着が起きることなく肌本来の色を保つことができます。

排出しきれなかったメラニン色素が沈着

ではなぜメラニン色素が排出されずに色素沈着が起きてしまうのか?

理由は大きく分けてふたつあります。

色素沈着が起きるふたつの理由

  1. メラニン色素が過剰に生成されて排出が追いつかなくなる
  2. ターンオーバーが遅れてメラニン色素が溜まりやすい肌環境になる

メラニン色素が過剰に生成されて排出が追いつかなくなる

ひとつめの理由は、メラニン色素が過剰に生成されたことで一度のターンオーバーで排出しきれなくなり、メラニン色素がそのまま皮膚内に取り残されたままになってしまうということです。

この理由については日焼けがわかりやすい例ですね。

夏になり薄着をしてたくさんの紫外線を浴びるようになると、どれだけ入念に紫外線対策をしていても日に焼けてお肌が黒くなってしまいますよね。これは紫外線を浴びることでメラニン色素が生成されるからです。

冬では考えられないほどの量の紫外線を浴びることで、過剰にメラニン色素が生成されて、たとえターンオーバーが正常に働いていたとしてもお肌が黒くなっていくのですね。

しかし、秋頃になると浴びる紫外線量が少なくなってくるため、皮膚内に溜まっていたメラニン色素がターンオーバーによって排出されていき自然と元の肌色に戻っていきます。

これが過剰にメラニン色素が生成された場合の色素沈着ですね。

ターンオーバーが遅れてメラニン色素が溜まりやすい肌環境になる

ふたつめは、ターンオーバーそのものが遅れてうまくメラニン色素の排出ができない肌環境になっているということ。ターンオーバーが遅れると、その分メラニン色素が溜まりやすくなってしまうため、色素沈着が起きてしまうのですね。

先ほど健康的なお肌であれば28日周期でターンオーバーが起こるというお話をしましたが、ターンオーバーは最長で56日ほどまで遅れるとも言われています。つまり、健康的なお肌と比べて倍の時間がかかるということです。

ターンオーバーが起こるサイクルが倍になるということは、皮膚内に溜まるメラニン色素も倍になるということ。つまり色素沈着が起きやすい肌環境になるということなんですね。

ターンオーバーが遅れる主な原因としては、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどが原因になっていることが多いです。一時的な遅れだと、ホルモンバランスの乱れなども原因のひとつですね。

歳をとると肌トラブルが増えるのは加齢によってターンオーバーが遅れるためです。

こうして色素沈着したメラニン色素がシミやくすみなどになります。

シミくすみ改善のカギはターンオーバーの促進とメラニン色素生成の抑制

つまり、シミやくすみを改善するためには、遅れているターンオーバーのサイクルの促進、そしてメラニン色素が過剰に生成されないように生成を抑制することが大切ということですね。

美白ケアや保湿ケアなどをしていき肌環境を整えていくことがとても大事なんです。

冒頭にも書きましたように、シミやくすみは放置していると年々酷くなっていってしまいますので、早め早めにケアをはじめていくことで改善までの道のりを短縮することができます。

また、肌環境が整えば歳を重ねても肌トラブルが起きないお肌を作っていくことができるため、シミやくすみだけでなく年齢肌にも悩まない肌環境になることができますね。

いずれにしても早い段階でのケアが重要なので、肌トラブルが起きたらすぐにケアをはじめていきましょう。